野生獣被害防止「恒久電気柵」設置に係る現地研修会を開催します。

 

1 研修会の趣旨
野生獣による農作物被害を防ぐため、電気柵を活用した対策技術が確立されつつあります。
また、大規模圃場が多く積雪も多い本県では、フェンシングワイヤーを利用した「恒久電気柵」が主流となりつつあります。
しかし、この方法は施工に一定の技術が必要であることから、効率的効果的な設置方法に関して、現地研修会を開催することにしました。

 

2 実施時期と内容
時期会場 平成29年6月15日(木)9:30-16:00 岩手県立農業大学校
胆沢郡金ケ崎町六原蟹子沢14 0197-43-2211
1農区(水田)

内容 電気柵設置研修(フェンシングワイヤーを利用した恒久電気柵)に関する現地研修・実習

今回は、6haの水田地区の外周に、ニホンジカ対策(一部、クマ・シカ兼用)の柵を設置します。

 

申し込み方法等の詳細はこちらです。

 

[caption id="attachment_9462" align="alignnone" width="300"]果樹園における恒久電気柵設置事例 果樹園における恒久電気柵設置事例[/caption]