胆江地方農林業振興協議会では、10月24日、JA野菜関係の部会役員、若手生産者等を対象に「野菜リーダー研修会」を開催し、約30名が参加しました。

この研修会は毎年開催していますが、今年度は、最近話題の環境制御に関連し、光合成の知識を深めることを目的の一つとしています。

農業研究センターの藤尾主査専門研究員より、施設栽培における光合成を重視した環境制御の考え方について説

明いただき、光合成や収量に影響を与える環境要因(CO2、光、飽差等)を最適にするための方法を研修しました。その後は、センター内の環境制御実証ハウスを見学しました。

当日は、多くの質問があり、時間を超過しての活発な研修会となりました。

光合成についてはあまり考えたことが無かった、誘引はピーマンでも真似したい等、様々な感想が聞かれ、何か自己の栽培のヒントになるものを見出す機会となりました。



 

 

 

講義を熱心に聞く参加者



 

 

 

 

環境制御トマトハウス見学の様子