農作物技術情報 第9号の要約


平成29年11月30日発行


岩手県、岩手県農作物気象災害防止対策本部



畑作物


小麦:水稲の収穫作業が遅れたため、小麦の播種作業が遅くなったところが多い。播種作業が9月中に行われた圃場と、適期を過ぎてから播種が行われた圃場では生育差が大きい。一部湿害も見られている。県北部や高標高地帯など、根雪期間が長い地域では雪腐病防除の実施を検討する。また、越冬前に排水路の点検等を行うこと。

野菜


寒締めほうれんそう:ハウスを開閉して生育を調節し、寒締め後は葉柄のBrix糖度8%以上であることを確認して収穫する。
促成アスパラガス:萌芽開始後の温度・かん水管理を適切に行い、収量を確保する。
冬春どり葉根菜類:厳寒期の生育促進と凍害防止のため、被覆資材を利用して保温する。病害対策として日中の換気等を実施し、湿度を下げる管理を行う。
雪害対策:事前対策として、ビニール等被覆資材の補修やハウスの補強を行う。積雪中は、ハウス側面の除雪を行うとともに、施設内の温度を高めて積雪の自然落下を促進する。

花き


りんどう:施設の点検や補強により雪害対策を十分にとるとともに、保温資材についても点検、修繕を行い、十分な効果が得られるようにする。露地りんどうでは冬期間の凍霜害防止のため土寄せを行う。
小ぎく:りんどう同様に施設の雪害対策を十分に行い、小ぎくの挿し穂確保のために適切な温度管理に努める。

果樹


りんご:晩生種は地域によって樹上凍結した恐れもあるため、貯蔵後販売する際は果肉の状態を随時確認し注意して販売する。
果樹全般:ネズミ、ニホンジカなどの獣害対策、若樹の凍寒害・雪害対策に努める。

畜産


乳用牛・肉用牛:寒さや換気不良の影響による牛の損耗を予防する。
自給飼料・土壌:成分分析を実施し、適切な飼養管理・肥培管理を設計する。
粗飼料確保量を把握し、給与計画を考える。

 

要約の印刷はこちらから→youyaku09(PDF167KB)

全文の印刷はこちらから→zenbun09(PDF718KB)