1月26日、盛岡地方農業農村振興協議会の主催による盛岡地方産直研修会が開催され、産直組合員等23名が参加しました。今回はシニア産業カウンセラーの藤村氏を講師に招き、クレーム対応方法について学んだあと、産直同士の情報交換会を行いました。


 藤村氏からの講演では、クレームが起こってしまう原因や対応の際に注意すべきことなどを説明していただきました。途中で行われた演習では「聴く態度」が話し手にどのような印象を与えるのかについて実践形式で学ぶことができ、勤務等している産直に戻って従業員同士で振り返ってみたいという参加者も見られました。


 講演後は2グループに分かれ、クレーム対応方法や日頃感じている課題について情報交換を行いました。他産直の取組内容を聞いた参加者からは「他産直の取組を参考にしながら、今後の産直活動に活かしていきたい」という声が聞かれ、店舗運営の向上につながる研修会となりました。


 今後も普及センターでは協議会と連携して産直活動を支援して参ります。


藤村七美氏からの講演「産直におけるクレーム対応方法について」


実践方式で対応法を学ぶ参加者