8月7日、遠野市のトルコギキョウ生産組織(遠野市花き研究会、JAいわて花巻遠野地域野菜生産部会花き専門部)が東京都の大田花き市場を訪れ、セリ前にあいさつ会を実施しました。

これは、8月から本格的な出荷が始まる遠野産トルコギキョウを買参人や仲卸の方々に対してPRすることを目的に毎年実施しているものです。

あいさつ会では、生産者を代表し、濱田花き専門部長が、遠野のトルコギキョウの特徴である「花持ちのよさ」、「昼夜の気温差による抜群の花色」を紹介し、「八重の白、ピンクを主体としたバランスの良い品種構成で皆様の期待に応える商品を出荷して参ります。」とあいさつしました。

また、8月7日から12日まで大田花き市場内において、遠野産トルコギキョウを展示し、買参人や市場関係者の方々に品質の高さを実感していただくこととしています。

普及センターでは、引き続き、トルコギキョウ生産者の皆さんの生産販売活動を支援していきます。

セリ開始前に買参人の方々へPR


遠野産トルコギキョウを展示