1月29日、盛岡地方農業農村振興協議会の主催で、盛岡・八幡平広域の若手女性農業者を対象とした交流会が開催されました。


 午前中は、矢巾町で花き栽培を行う若手女性農業者の高橋かおるさんを講師に、趣味が高じてライセンス取得したマーブルアートを教わりました。最初に色とりどりのビー玉を12個選び、指示に従ってワイヤーを曲げたりねじったり、途中途中の仕上がりを皆と見比べたりして、楽しく和やかに実習が進みました。


 その後、昼食を食べながら、高橋さんの経営概況についてお話を伺い、短い時間でしたが情報交換を行いました。


 午後からは、もりおか地方農山村女性組織連携会議を対象とした「元気が出る女性農業者懇談会」に合同参加し、女性農業者の活躍の変遷やGAPの取組みなどについて先輩農業者と共に研修しました。


 一日、盛りだくさんの内容でしたが、参加者の皆さんから、楽しかった、癒されたという声が聞かれ、満足度の高い交流会となりました。


講師の高橋かおるさん(右)が優しく丁寧に指導してくださったので、参加者の皆さんは個性を生かした素敵な作品を完成させることができました


今回の作品は、玄関や部屋のドアを素敵に装飾できる‘ミニブランチ(ウェルカム付き)’(写真は講師作品)。選んだビー玉の色の組合わせにより作品の印象が変わります