八幡平農業改良普及センターでは、農業の労働生産性向上を図るため、盛岡広域振興局と連携し、大手自動車メーカーのカイゼン活動を、(株)アンドファームにおいて導入するプロジェクトを昨年度から実施しています。今年度の活動開始にあたり、関係機関が一堂に会し、キックオフミーティングを開催しました。

大手自動車メーカー専門スタッフからは「今年度は地域主力野菜のキャベツを中心に、品質及び生産性の向上を図りながら、自らカイゼン活動を実施できる従業員の育成を進める」との方針説明がありました。

また、(株)アンドファームからは「カイゼンにより、作業指示の見える化を図り、従業員との経営及び作業計画の共有を図っていきたい」との決意表明がなされました。

普及センターでは、農業分野でのカイゼン活動のモデル育成を図ると共に、若手生産者を中心に地域への普及に取組んでいきます。