畑わさびの新規栽培者確保を図るため、当センターでは畑わさびほ場見学会を企画し、10月11日に岩泉町、岩泉町森林組合との共催で2年ぶりに開催しました。

当日は参加者5名に関係機関を合わせた計13名が、株式会社岩泉産業開発の一次加工施設と、ベテラン農家のほ場を見学しました。

一次加工施設では、農家から出荷された畑わさびの姿を確認し、一次加工がどのように行われ、業者に引き渡されるのかについて理解を深めました。

現地ほ場では、日当たりや作業道の確保、こまめな除草管理などベテラン農家の工夫について説明を受け、参加者はさらに春先のほ場準備や、栽培本数など栽培する際の詳細について積極的に質問していました。今後の栽培開始を検討する方や、より具体的な栽培資料を求める方など、参加者の様子は前向きでした。

今回の見学会を契機に新規栽培志向者に対し、普及センターでは情報提供、技術指導等の支援をしていきます。


一次加工施設見学の様子



ほ場見学の様子