◆ りんご 「ふじ」の成熟はほぼ平年並!適期収穫に努めましょう!

りんご


1 生育状況
先ずもって、台風第21号の暴風により、落果・倒木被害にあわれました生産者におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。何かとご苦労も多いと思いますが、一日も早く復旧できますことを切にお祈り申し上げます。

(1)果実肥大(表1)
定点観測地点の「ふじ」の果実肥大(横径)は、ほぼ平年並となっています(表1)。



(2)果実品質(図1、2、3、4)
「ふじ」の果実品質は、県平均で硬度、デンプン指数、蜜入り指数ともほぼ平年並で、糖度が平年よりやや低めで経過しているものの、収穫期には基準の糖度へ充分に達すると考えられます。
「ふじ」の成熟期はほぼ平年並になると推察されますが、着色が進んでいる傾向にあるので、収穫時には早採りにならないよう、食味を確認して適期収穫を心がけてください。



 

2 管理作業
(1)晩生種の収穫
「ふじ」は食味を重視して収穫しましょう。蜜入りを意識し過ぎて遅くまでならせておくと、果肉の軟化や果実の樹上凍結の危険、降雪による収穫の遅れが出てきますので、適期収穫を心がけます(表2)。また、養分の消耗が、樹体の凍寒害につながる恐れもありますので、注意してください。



(2)果実の樹上凍結の回避
樹上で果芯部まで凍結した果実は、内部褐変、硬度の低下、食味低下など果実品質が低下します。特にも常温においた凍結果実は内部褐変が著しく増加し、冷蔵貯蔵でも貯蔵20日以降は内部褐変する果実が増加することが認められています(図5、6)。
したがって、このような果実の樹上凍結を回避するために、販売時期からみた適期収穫期を守り、過度に遅い収穫は避けるようにしましょう。
もし被害を受けてしまった際は、凍結果は押し傷がつきやすく品質の低下を招くので、樹上で解凍してから収穫してください。また、速やかに関係機関と協議の上、販売する場合は冷蔵貯蔵し、光センサー選果機等で褐変果を排除するようにしてください。



3 除草剤の秋期処理
「ふじ」の収穫後から落葉する前まで(落葉後は散布ムラが出るため)に除草剤を処理することで、翌年の6月上旬頃まで雑草を抑えることができます。表3を参考に取り組んでみてください。
秋は気温が低く、除草剤の効果が出るまで時間がかかりますので、草が枯れないからといって、再度処理する必要はありません。
なお、収穫後の秋期処理した除草剤は、翌年の農薬使用回数に含まれますので注意してください。グリホサート系除草剤(ラウンドアップマックスロードなど)は、風などで舞い上がり、樹体に付着すると、除草剤が直接付着しなかった枝でも、春以降に葉が柳葉状になる薬害を生じることがあります。グルホシネート系除草剤(バスタ液剤、ザクサ液剤など)は幹に薬剤が付着すると樹皮が粗皮状になり、幼木では枯死することもあります。除草剤を使用する際には、専用の散布器具を用いて、飛散しないよう注意しましょう。





 

印刷はこちらから→kajyu08(PDF411KB)