7月26、27、28日、二戸地方農林水産振興協議会(事務局 二戸農業改良普及センター)は、カシオペアメッセなにゃーとで標記セミナーを開催しました。

若手女性農業者や新規就農者9名が参加し、全農の田村有希博氏を講師に「土づくりの基本」を、防除所職員を講師に「農薬の適正使用」を、農村起業者小笠原みせ子氏より活動事例を学び、最終日には、栽培や経営に関する疑問や悩みについて普及員と一緒に情報交換しました。

参加者は肥料の種類や特性、土壌診断などの有効性や、普段聞く機会がない実践者の事例が特にも参考になったようです。情報交換では、疑問や悩みを普及員と共有し、解決の糸口を見つけたり、相談先を知ることができたり、安心した様子でした。

普及センターは今後も、若手女性農業者や新規就農者が将来の経営者や経営パートナーとして活躍できるよう、それぞれの能力を伸ばす機会を作り、農村の担い手の活動を支援していきます。

 



「肥料の種類と特性」、「土壌診断」について                                                                                                                     真剣に話を聞く参加者



和やかな雰囲気で行われた情報交換