花きセンターでは、小原流盛岡支部が開催した「みんなの花展(平成29年9月17日~18日開催)」でスプレーギクと熱帯植物を使って生け花の作品を作ってもらいました。

現在のスプレーギクは、従来仏花のイメージが強い菊とは全く異なる品種が栽培されダリア、カーネーションのような鮮やかな色と形状をしたものがあります。

スプレーギクが最終商品となる生け花の作品にしてもらうことにより、これから人気が出そうな品種のヒントやスプレーギクを生活に取り入れる提案が出来ました。

見学した皆さんからは、こんなに綺麗な菊があるとは知らなかったと驚きの声が多く寄せられ、今後の菊の消費拡大につながると思われました。

画像等はこちらをご覧ください。