1 開催趣旨
・転作田は土壌水分が高く泥濘化しやすいなど、牧草栽培には不向きな環境条件であり、通常よく栽培されるオーチャードグラス等のイネ科牧草種は耐湿性が低く栽培が難しい実態があります。
・近年、東北農業研究センター等で育成された、耐湿性、栄養価に優れる新しいイネ科牧草種「フェストロリウム」品種を作付けした転作田実証圃場を公開し、実物を見ながらの検討会を開催します。

2 開催日時
平成30年7月10日(火) 10:00~

3 開催場所
奥州市江刺玉里 現地実証圃(添付ファイルの開催要領に地図があります)

4 検討会内容及び日程詳細
10:00 JA江刺玉里ライスセンターに集合し、移動
10:15 (1)開会
      (2)「フェストロリウム東北1号」の特性概要について
      (3)播種から利用2年目までの栽培実証成績について
      (4)利用農家の体験談について
      (5)閉会

5 参加報告
・資料準備の都合がありますので、添付ファイルの申込書により7月6日(金)までに担当(岩手県農業研究センター畜産研究所・髙村)あて、FAX等で報告願います。
FAX:(019)688-4327

6 その他
・詳しくは、添付ファイルの開催要領を参照してください。

01 現地検討会開催要領
02 参加申込み書


                  昨年の現地検討会の状況