明治期に導入され、食肉やホームスパン(毛織物)として定着した本県のめん羊は、現在、中山間地域を中心に、農地管理の省力化や耕作放棄地の解消などに一役買っています。
7月25日、ホテルメトロポリタン盛岡NEWWINGにおいて、県産めん羊を活用した地域振興に関するシンポジウムを開催します。
どなたでも参加できますので、参加を希望される方は、7月23日までに岩手県農林水産部流通課に電話又はメールでお申し込みください。
詳細は、チラシ、県HPをご覧ください。
https://www.pref.iwate.jp/event/kouza/1022117.html



【お申込み先】
岩手県農林水産部流通課
電話:019-629-5739 メール:AF0003@pref.iwate.jp

(岩手県農林水産部流通課)