◆ 降雪に備えてハウスや被覆資材の点検、補修を行いましょう。
◆ ハウスの屋根や側面に堆積した雪は早めに除雪しましょう。
◆ 適切な温度管理を行いましょう。
 
《冬期間のハウス管理について》
1 りんどう
促成・半促成栽培では、予めハウス部材や被覆ビニールの損傷等を点検・補修します。古い屋根ビニールは、透光性が低下するほか、雪のすべりが悪くなるので定期的に交換します。
被覆方法は、外ビニール、内張りカーテン、トンネル(シルバーまたはポリ。両者を組み合わせる例もある)の3~4重被覆とし、さらに地温を高めるために黒マルチ被覆を行うのが一般的です。
被覆後、降雪が続く場合は早めに除雪しますが、とくに屋根から落ちた雪が側面に堆積して強い圧力がかかることがあるので留意します。
温度管理は、草丈が30cm以上に達し側芽が見え始める頃までは夜温8℃を確保します。一方、日中は25℃を越えないよう換気します。とくに晴天時はトンネル内の気温が急激に上昇するので早めに被覆資材を開放します。

2 小ぎく
伏せ込みハウスの温度管理については、日中25℃を越えないよう換気に留意します。夜間は1~5℃の凍らない温度で管理します。一般にきく類は寒さに強いと言われますが、極端な低温では図のような凍寒害を生じます。低温が予想される場合は、不織布のべたがけ等で対策します。
また、株やかき芽苗で伏せ込んだ場合、茎葉が繁茂することがあります。その際は、12月中旬~下旬に台刈りをして株の若返りを図ります。





 

印刷はこちらから→kaki09(PDF367KB)