◆今年の栽培管理を振り返り、必要な技術対策を確実に実施できていたか、コスト面の無駄はなかったか等について、分析や検討を行いましょう。

1 本年の生育経過と作柄

(1)育苗期~移植期
育苗前半の4月は低温傾向、後半の5月は高温多照と寒暖の差が大きく、管理の難しい気象条件で推移しましたが、最終的に充実度の高い良苗が確保されました。県内の田植えの盛期は5月17日、終期は同23日と平年並で、各地とも適期内に作業が終了し、活着も良好でした。

(2)分げつ期~幼穂形成期
・ 分げつ発生は初期から旺盛でしたが、6月第2半旬以降は気温・日照時間が平年を下回り、最高分げつ期頃の茎数は概ね平年並みとなりました。
・ 幼穂形成期にあたる7月第2・第3半旬は低温となり、出穂後に一部品種・地域で「白ふ」(籾の退化痕)が散見されました。県内の幼穂形成期は7月12日頃と平年並みでしたが、低温傾向が顕著であった北部では、平年に比べ2日遅い到達となりました。

(3)出穂・登熟期
・ 穂ばらみ期~出穂期にあたる7月第6半旬~8月第2半旬は、最高・最低気温とも平年を大きく上回り、県内の出穂盛期(50%)は8月5日と平年より1日早くなりました。
・ 高温傾向は登熟前半の8月第4半旬まで続いたことから、初期登熟は急速に進み、県内の成熟期は平年より4日早まりました。刈取作業の盛期(50%)は10月3日頃で平年より1日早かったものの、降雨や台風の影響等により、徐々に遅れが大きくなりました。

(4)本年の作柄、品質
・ 9月15日現在における岩手県の作柄概況(農林水産省東北農政局、令和元年9月30日公表)は、作況指数103、10a当たり予想収量は539kg/10a(篩い目幅1.85mm)と見込まれています。
・ 外観品質は、例年に比べ、白未熟・胴割粒がやや目立つ傾向となっています。

2 来年の作付けに向けて

(1)育苗
・ 本年の育苗期は寒暖の差が大きく、育苗前半は低温浸種・無加温育苗での出芽不揃い、後半はムレ苗や細菌病類、高温管理による苗焼けなどのトラブルが散見されました。
・ 特に大規模育苗では、浸種水温の制御や温度管理・かん水等をきめ細かに行うことが難しい場合があります。来作に向け、育苗設備や人員体制、作業スケジュールをチェックするとともに、基本に立ち返って必要な技術対策(浸種水槽の保温対策、プール育苗等の技術導入)を講じましょう。
→ 参考 農作物技術情報 第1号〔2019.3.14〕、同.号外 低温対策(水稲)〔2019.4.4〕



(2)本田管理
・ 近年、資材コスト圧縮のため、栽植密度や植付本数を従前より減らす圃場が多くなっています。本年は好天に恵まれ、栽植様式によらず十分な生育が得られた圃場が多かったとみられますが、極端な疎植は年次によって、収量や食味・外観品質の低下につながる場合があります。
今年の経過だけでなく過年次の経過も考慮し、安定生産可能な栽植様式を選択してください。

また、本年は幼穂形成期の低温の影響による白ふ(図3)、登熟前半の高温の影響と思われる胴割粒(図4)や白未熟粒(図5)が散見されています。こうした障害がみられる場合は、水管理の経過(幼穂形成期の低温時:前歴深水管理、登熟期の高温時:夜間の水入れ替えを実施したか、早期落水はなかったか等)をチェックします。あわせて、品種選択や作期を再考・必要に応じ見直しするとともに、複数品種の作付や苗質の変更、直播栽培などの作期分散技術も検討してみてください。

→ 参考 農作物技術情報 号外 水 稲(前歴深水対策)〔2019.7.5〕、同.(高温対策)〔2019.8.5〕



3 稲作の低コスト栽培技術の導入に向けて
稲作のコストダウンのため、必要な資材までも安易に使用を控えると収量確保や良質米生産に悪影響を与えてしまいます。以下のような観点から総合的なコスト低減に努めましょう。

①作付面積の拡大(規模拡大)⇒ 10aあたり生産費の低減
②生産量の増加(収量増加) ⇒ 60kgあたり生産費、生産物10,000円あたり生産費の低減
③販売単価の向上(有利販売)⇒ 生産物10,000円あたり生産費の低減

生産コストの低減手法については「低コスト稲作栽培技術マニュアル(平成29年3月、岩手県)」が作成され、いわてアグリベンチャーネットに掲載されています。是非一度、お手持ちのパソコンやスマートフォンから確認してみましょう。
(掲載アドレス https://i-agri.net/Index/gate007/001/7594

また各種のICT技術が農業分野に活用されてきており、県内でも導入に向けた取り組みが始まっています。県内外の先進事例などの動向に注目し、将来的な経営への活用などを今から考えてみましょう。



 

印刷はこちらから→suito08(PDF329KB)