◆ 全      般     高温対策としてこまめなかん水管理を行うとともに、作業者も水分補給と休憩をとり熱中症にならないよう気をつけましょう。
◆ ハウス果菜類  高温対策、草勢維持、病害虫防除を徹底しましょう。
◆ 露地きゅうり  摘葉と重要病害に対する初期防除を徹底しましょう。
◆ ほうれんそう  天候に対応した遮光管理と適切なかん水管理をしましょう。
◆ 露地葉茎菜類  適期作業・病害虫防除を徹底しましょう。

1 生育概況
(1)雨よけトマトは、曇天・低温の影響で果実の着色が緩慢になっており、草勢が弱く、弱い花房の着生が多くなっています。病害虫では灰色かび病、うどんこ病がの発生が見られています。
(2)ピーマンはハウス・露地共に曇天の影響で生育が緩慢になっており、収穫量も少なく推移しています。病害虫では灰色かび病のほか、アブラムシ類やアザミウマ類の発生が広く見られ、ウイルス病も多く見られます。
(3)促成・半促成きゅうりは、県南部では概ね収穫終了となり、抑制きゅうりへの切り替えや定植準備が行われています。露地きゅうりは曇天・低温の影響による生育の遅れや草勢の低下が見られますが、天候の回復により生育も回復してくると考えられます。病害虫は、露地では、斑点細菌病、べと病、褐斑病、炭そ病の発生が広く見られます。
(4)雨よけほうれんそうの生育は、日照不足のため軟弱徒長の傾向が見られます。また、一部圃場では雨水の侵入による根傷みから、萎凋が見られます。病害虫では、アブラムシ類、アザミウマ類が確認されているほか、一部圃場でべと病が発生しています。
(5)キャベツの生育は概ね順調ですが、降雨が続いたことにより定植作業などに影響が見られています。病害虫の発生は例年よりも少ない状況です。
(6)レタスの生育は概ね順調です。降雨が続いたことにより、べと病、斑点細菌病、すそ枯れ病などの発生が例年よりもやや多い状況です。
(7)ねぎの生育は概ね順調です。一部の地域で長雨の影響で生育が停滞しているほ場もあります。病害虫では、べと病とさび病、ネギハモグリバエの発生が多く見られます。

2 技術対策
(1)全般
ほ場からの排水を徹底してください。ほ場周りの明渠を見直し、畑からの排水を良好に保つこと。日照不足と過湿状態により草勢が低下しているので、早めの摘果を行い着果負担を軽減します。可能な場合は中耕を実施し、根の活性を回復させてください。定期的な薬剤防除を実施し、病害予防に努めてください。
現在は曇天が続いていますが、梅雨明け以降は急に気温が高くなる恐れがあります。施設野菜では高温対策を徹底するとともに、施設・露地ともこまめなかん水管理や通路散水等により草勢維持を図ります。
また、作業者も適宜休憩をとり水分補給を十分に行い、熱中症にかからないよう気をつけてください。

(2)施設果菜類の管理
ア 果菜類全般
例年8月はトマト、ピーマンなどのハウス果菜類では収穫最盛期を迎えるため、管理作業が遅れる場合があります。そのため、整枝や摘葉、誘引作業を遅れないように実施し、良好な受光態勢を維持するとともに、風通しを改善し、病害の発生を抑えます。病害虫防除では、定期的な病害防除に加え、タバコガ類の発生が多くなってきますので、予察情報等を参考に適切な薬剤の選択を行います。
高温対策として換気等を積極的に行い、生育適温を超えない範囲でハウス内気温を維持しましょう。夕方には地表面が乾く程度の通路散水を行うことも、ハウス内気温や地温を下げるのに有効です。夕方にハウス内気温が十分に下がっていないと、夜間の呼吸消耗により草勢低下がさらに助長されますので、暑さが続く場合は高温対策をしっかり行ってください。なお、収穫量、気象条件などを考慮した追肥方法を選択し、草勢の維持・回復を図り、収穫最盛期を乗り切ります(図1、図2参照)。



イ トマト
桃太郎系品種は、第5~6花房の着果期以降に草勢が低下しやすく、草勢が低下すると回復が難しくなるので、こまめな追肥とかん水で草勢の維持を図ります。この時期は、すじ腐れ果、空洞果などの発生が多くなりますが、窒素過多や高温、多湿にならないようにするとともに、肥培管理が重要となります。また、収穫後の花房下の葉は摘葉し、通風を良好にします。
なお、葉かび病抵抗性遺伝子Cf-9を有する品種(桃太郎セレクト、CF桃太郎はるかなど)であっても、定期的に防除を行うようにしてください。
また、萎凋性病害も増加傾向です。しおれが発生した場合は最寄りの指導機関に診断を依頼し、原因を特定した上で次年度対策を講じてください。
ウ ピーマン
収穫の終わった枝や主枝の内側が混み合い光不足になる場合は、不要な枝を摘み内側に光が十分当たるようにします。
また、果肉の薄い品種では特に急激な高温になると尻腐果が発生しやすくなるので、ハウスの換気効率を高めるとともに通路やマルチ上にワラを敷いたりかん水を積極的に行うなど、地温を低下させ根からの水分吸収を促進します。
尻腐果はカルシウム不足が原因ですが、窒素やカリウム等の肥料成分が濃くなると相対的にカルシウムの吸収が阻害されますので、暑い時期の追肥は通常よりやや薄い濃度で行うこと、予防的対応としてカルシウム剤の葉面散布等も効果的です。

(3)露地果菜類の管理
ア きゅうり
収穫量の増加に伴い、草勢維持と病害虫の蔓延防止が重要な管理となります。摘葉を基本に整枝は控え目とし、曲がり果や尻太り果などを摘果しつつ、図1を参考にしながら追肥を実施して草勢の維持・回復を図ります。側枝の発生が鈍い場合は、不良果を早めに摘果するとともに強めの整枝を控え、生長点を残して根張りを促進してください。
また、高温乾燥が続くと草勢低下につながりますので、かん水装置を備えている圃場では少量多回数のかん水を基本に、土壌水分の変動を少なくするかん水管理に心がけます。かん水装置がない圃場では敷きわら等で土壌水分の保持を図ります。
摘葉は、主枝葉を中心に病葉、老化葉のほかに新しい側枝を覆っている葉を中心に行い、側枝の発生を促します。整枝は、それぞれの仕立て法に応じて行いますが、草勢低下時は半放任または放任管理とします。
薬剤防除は、褐斑病、炭そ病、べと病を重点とし、これら病害に効果のある薬剤を選択して予防散布に努めます。なお、褐斑病や炭そ病の発病が見られた場合は、速やかに病葉を摘葉した後で効果の高い薬剤を選択して散布します。
また、収穫最盛期を迎え曇雨天後に急激な晴天になると「しおれ」症状が発生することが予想されます。病害(キュウリホモプシス根腐病(写真1)、つる枯病等)による場合と生理的な原因による場合がありますので、「しおれ」症状が発生した場合は最寄りの指導機関に診断を依頼してください。
イ ピーマンの管理
茎葉が込み合う場合は、白果の発生が見られるようになるので、早いうちに適度に枝を間引くなどして対策します。高温対策として、通路に敷わらを実施します。降雨が少なく土壌が乾燥している時はかん水チューブなどによるかん水や、通路かん水などを積極的に実施します。ロング肥料を使っていないほ場では、定期的な追肥を継続し草勢を維持してください。
高温が続くと尻腐果の発生が増加することがあります。土壌水分を適度に保ち、定期的にカルシウム資材の葉面散布を行い、被害軽減に努めます。
タバコガの発生する時期です。茎葉の被害が少ないため被害の確認が遅れることがあるので、防除が遅れないよう注意します。草勢が低下すると斑点病が発生しやすいので、被害葉を早期に摘除し薬剤散布を実施してください。

(4)葉茎菜類の管理
ア 雨よけほうれんそう
曇雨天後の強い日差しにより葉がしおれたり、葉焼けを生じる場合があります。特に生育初期の地際部は高温障害を受けやすいので、遮光資材等を活用してください。また、土壌が乾燥すると、ほうれんそうの生育が停滞するため、播種前のかん水はムラなく行い、圃場の乾燥状態に応じて生育中のかん水を行います。
生育中のかん水を行う場合は、本葉3~4枚目以降とし、涼しい時間帯にかん水します(写真2)。ただし、まとまった量のかん水(5~10mm)は収穫3~4日前までとし、その後は土壌表面が湿る(葉水)程度とします。なお、過度のかん水はトロケやべと病の発生を助長するので、注意します。
例年、萎凋病等の土壌病害により減収する圃場では、土壌消毒を実施し、生産の安定化を図ります。また、萎凋病対策として、耐病性品種や転炉スラグ技術の導入、適正な施肥や良質な有機物の施用、残さの処理等総合的な対策を実施してください。アザミウマ類等の害虫が発生している場合は、効果の高い薬剤で防除を実施してください。
イ キャベツ・レタス
気温の上昇に伴い、株腐病や軟腐病等の腐敗性病害の発生に注意が必要となります。株元まで十分薬液が届くように防除します。
害虫の発生にも注意し、定植時から防除を行います。キャベツは、コナガやタマナギンウワバが継続して発生するので、圃場をよく観察し、薬剤選択に注意して防除してください。レタスでは、オオタバコガの発生初期ならびに結球始期からの防除を徹底し、8月のヨトウガが発生する時期に合わせるよう、計画的な防除を心がけてください。
多雨等により圃場に滞水した場合は、うね間の中耕を行って土壌中に空気を送り、根の活性化に努め、必要に応じて液肥を潅注または葉面散布し、草勢回復を促します。
これから収穫する作型では、天候の変動により、裂球や生理障害の発生が多くなりますので、適期収穫に努め、収穫率の低下を防ぎます。収穫終了後の圃場はできるだけ速やかに整理し、病害虫の発生源とならないように注意してください。
ウ ねぎ
軟腐病、黒斑病等の重点防除時期になります。また、葉枯病(黄色斑紋病斑)を同時防除できるよう薬剤を選択し、収穫前日数に注意しながら定期的に防除を実施してください。
土寄せは生育状況や天候を見ながら行い、葉鞘径を肥大させるため、無理な土寄せは行わないようにしてください。
なお、作型や品種によっては、最終土寄せを行う時期となりますが、最終土寄せ時に丁寧に土入れを行わないと、軟白部と葉の色の境が不鮮明な「ボケ」となりますので、計画的な作業、適期収穫を心がけます。
エ アスパラガス
茎枯病や斑点病等の病害やアザミウマ類の発生が懸念されますので、定期的に薬剤防除するとともに、立茎栽培では、株の消耗や茎葉の過繁茂を防ぐため、萌芽してくる若茎は弱小茎や曲がった茎も含めて刈り取ります。
促成アスパラガスの伏せ込み用根株への追肥は、生育後半まで肥料が効いている状態では、円滑な養分転流が妨げられる恐れがあるので、8月上旬までには終了させます。また、病害虫の発生には十分注意し、必要に応じて防除してください。



 

印刷はこちらから→yasai05(PDF463KB)