1  5月第4半旬~6月第2半旬の気温・日照時間は平年並~平年を上回って経過した。 しかし県北・沿岸部では、6月第2半旬の日照時間は平年を下回っている。降水量は5月第4半旬が平年を大きく上回った。(図1)
東北地方北部は平年(6 月14 日頃)より3日早く、6月11 日頃に梅雨入りしたと見られる。

2  県全体の生育は、概ね平年並である。草丈30.2 ㎝で平年より0.3cm 長く、茎数は277 本/㎡で平年比110%であり、葉数は6.8 葉で平年より0.1 葉少ない。(表1、2)

3  今後は、浅水管理を基本に目標茎数(400~500 本/㎡程度,株あたり茎数20~30 本程度)の確保に努める。また、ワラの腐熟等により土壌の還元化が進むことから、目標茎数確保後は7~10 日間程度の中干しを行うことを管理の基本とする。

4  1か月予報(平成30 年6 月14 日発表,仙台管区気象台)によると、東北太平洋側では気温、降水量、日照時間は、ほぼ平年並の見込みである。向こう1か月の平均気温および日照時間は平年より高い確率がともに40%、降水量は平年より少ない確率が40%と予報されている。

5  中干しは幼穂形成期までには終了し、低温時に備えて深水管理の準備をする。具体的には、今後の情報を参考とすること(農作物技術情報第4 号,6 月28 日発行予定)。







ファイルはH300614suitou-seiiku