【編集・発行】
 岩手県農業研究センター 企画管理部研究企画室(TEL. 0197-68-4402)

【内容の要約】
 水稲種子の発芽試験にイプコナゾール水和剤とオキソリニック酸水和剤の各1000倍混合液を使用することにより、静置10日後の発芽率に影響を与える雑菌の発生を抑えることができる。

【キーワード】
 水稲種子、発芽試験、発芽率

【担当】
 作物研究室(技術部)

【ファイルのダウンロード】PDF形式、59KB)