Ⅰ 情報の要点
1 麦
◎雪腐病は並の予報ですが、例年発生する圃場や県北部、高標高地帯などの根雪期間が長い地域では、雪腐病の種類に応じた防除を必ず実施しましょう。

2 りんご
◎腐らん病は並の予報ですが、多発園では、落葉期に特別散布を実施しましょう。
◎野ネズミは並の予報ですが、積雪前にできるだけ園内を清耕、清掃し、野ネズミが生息しにくい環境にしましょう。
◎今年ナミハダニの発生が多かった園地では、粗皮削りを丁寧に行うとともに、マイカ線の下も確認し、集団越冬が確認された場合はマイカ線を交換しましょう。

Ⅱ 農薬の安全・適正使用
1 農薬の使用にあたっては、他作物や周辺環境に影響が及ばないよう十分配慮し、対策を講じましょう。

Ⅲ 寒候期予報(12月~2月、仙台管区気象台、9月25日発表)
◎寒気の南下が弱いため、冬の気温は平年並か高いでしょう。
◎東北太平洋側の冬の降水量は、ほぼ平年並でしょう。

詳細は以下のPDFファイルでご確認ください。

00_R1予報第7号(全文)

01_R1予報第7号(麦)

02_R1予報第7号(りんご)

【利用上の注意】
本資料に掲載した農薬は、令和元年10月31日現在の農薬登録情報に基づいて作成しています。
・農薬は、使用前に必ずラベルを確認し、使用者が責任を持って使用しましょう。
・農薬使用の際には、(1)使用基準の遵守(2)飛散防止(3)防除実績の記帳 を徹底しましょう。
【情報のお問い合わせは病害虫防除所まで】   TEL 0197(68)4427   FAX 0197(68)4316
☆この情報は、いわてアグリベンチャーネットでもご覧いただけます。
アドレス https://i-agri.net/Index

-ご注意-
ダウンロードPDFファイルは全てウイルスチェックを行っていますが、万一のためにダウンロード後再度ウイルスチェックを行うことをお勧めします。