39日、二戸地方農林水産振興協議会は農業経営発展セミナー(第2回)として、新たな農業経営指標を活用した経営分析研修を行いました。

 受講者は5名(うち新規就農者2名、若手女性農業者1名)で、講師は東北農政局研修では、受講者が「経営改善のためのチェックリスト」により経営管理等の取組状況を確認しました。次に2ヵ年分の決算書データを入力し、経営の現状を確認しました。経営・事業支援部の農業組織育成指導官にお願いしました。

更に、2ヵ年のデータを比較し経営を振り返り、経営改善のペースを見直しました。

全国で指導している講師も、2年間の経営データに基づく分析の実施にこぎつけたのは、初めてとのことです。

受講者は、「土地生産性や労働生産性が前年に比べ、かなり下がっている。コスト削減、生産効率の向上を図る必要がある。」など、経営改善の意識が高まったようです。

普及センターでは新たな農業経営指標を活用しながら経営改善を促進していきます。



自己チェック、決算書データ入力を行う受講者


経営振り返りシートを見ながら、受講者間で意見交換