花巻地域銀河のしずく栽培研究会は、平成30年5月14日に花巻市湯口にて「銀河のしずく」田植え式を開催しました。

この田植え式は、「銀河のしずく」の生産者と関係者の絆を深め、産地の評価を高めていくことを目的として開催されています。

田植え式には、花巻市の上田東一市長を始めとした来賓や生産者等約30人が集まり、花巻市の上田東一市長が田植機に乗り、30アールの田に「銀河のしずく」を植えました。

花巻地域銀河のしずく栽培研究会の高橋春雄会長は、「銀河のしずくのブランド確立に向け、栽培マニュアルに沿った丁寧な栽培管理に努め、消費者に美味しさをPRしていきたい」と熱い意気込みを語りました。

今年度で本格生産3年目を迎える「銀河のしずく」は、花北地域で生産者数98名、作付面積330haとなり、順調に拡大しています。今秋、美味しいお米が皆様の食卓に届くように、水管理、追肥等をきめ細やかに実施していきます。



美味しい「銀河のしずく」を届けるため、上田市長も田植えを行いました。

 

 

 



報道機関の取材に答える高橋春雄会長