去る2月7日、久慈市において久慈地方農業振興大会(主催:久慈地方農業農村活性化推進協議会)が開催され、生産者・関係機関約300人が参加しました。

大会では、久慈地方農業表彰で4経営体の表彰、併せて「畜産優秀者表彰」、「園芸生産拡大者表彰」など各部門の表彰も行われ、のべ22経営体が受賞しました。受賞者を代表し、野田村の中野琢磨氏が「今回の賞を受け、研鑽を重ね精進していきたい」と、今後の農業に対する意気込みを述べました。

表彰式後には、久慈市の柿木敏由貴氏から、「平庭闘牛大会」に関する講演があったほか、洋野町の伝統芸能である帯島盆踊りも披露されました。

また、南部美人(株)の久慈浩介氏から、二戸市における農 商工連携の話題が提供されました。「久慈地方にも誇れる産物はたくさんある。産地の良いものを組み合わせて地域ならではの魅力を創ってほしい」と激励の言葉をいただき、久慈地方の活性化について考える機会となりました。

 


表彰の様子


(中央右が中野琢磨氏)


 


久慈浩介氏による力強い講演