一関地方農林業振興協議会では、地域の効率的な営農を考え経営を発展させていくことを目的に「集落営農推進研修会」を4回シリーズで開催中です。

今年は集合研修ではなく営農組合毎に集落の集会所に出向いて行う出前研修としました。今後1~2年のうちに法人化を計画している3営農組合から申込みがあり、7月1日及び2日に第1回目を開催しました。

農業法人制度の概要や設立の流れについて講義を行った後、法人化を進めるうえでの疑問や問題点をあげてもらい、今後どのような取り組みを行っていけばいいのかを考える回となりました。

例年は役員のみの参加が多いのですが、出前研修にしたことで、女性組合員の参加もあり、幅広い方々にこれからの集落営農の在り方を考えてもらう機会となりました。

8月まで研修会は続き、経営試算、事業計画、法人化スケジュールの作成について研修を行っていきます。