胆江地方農業農村指導士会は、11月6日に関係機関・団体との意見交換会を開催しました。
今回は、「新型コロナ対策等の農業経営支援」と「新規就農者確保育成の支援体制」をテーマに取り上げ、話題提供した後、意見交換を行いました。
出席した指導士からは、繁殖農家への支援の継続、コロナ禍での組織活動に対応したリモート環境等の整備、次世代人材投資事業の拡充や要件緩和、農地確保に係る関係機関の支援体制の強化、新規就農希望者への地域のPRの強化等の提言が述べられました。
関係機関から提言に係る取組状況を説明し、今後も支援体制について見直しや改善が必要な点については前向きに検討し、併せて要望等に生かしていくこと、関係機関と連携しながら必要な支援を行っていくこととしました。
コロナ禍により一堂に会する機会が少ないなか、胆江地方の農業を考える貴重な意見交換会となりました。



                                                       意見交換会の様子