雫石町の女性農業者で組織したグループ「ふぁーむ女子会」を紹介します。

ふぁーむ女子会は、地元農産物を活用して雫石町の伝統食や新たな食の提案をしたい!という思いをもったメンバーが集まり、平成31年4月に設立され、幸せ創る女性農林漁業者育成事業を活用して、季節ごとの食材の加工技術と商品力を高めるための知識の習得に取り組んでいます。



 

令和元年度の主な取組は、①自家産・地場産の食材を使った既存商品のブラッシュアップと新商品の開発、②地域と連携したイベント参加、③先進事例研修です。

商品づくりには、ばっけ(ふきのとう)、ふき、ヒメタケ等の里山で採れる食材の他、地域の若者たちが栽培を始めた「ホップ」も使い、雫石町ならではの農産加工品が提供できるよう、日々試行錯誤を重ねているところです。

今後は、既存商品のパッケージデザイン改良、試作品の商品化を進めるほか、イベント参加を通じた商品力向上を図ったり、食育活動も行っていきたいということで、今後ますますの活躍が期待されます!


(文:盛岡農業改良普及センター)