素敵なたたずまいのカフェ「mi cafe」(写真提供 mi cafe)


 りんご畑の中のカフェ「mi cafe」を紹介します。盛岡市内より国道396号を南下し手代森小学校の近くまで来ると、左手にかわいらしい案内看板が出てきます。案内に従って進むと、りんご畑が広がる小高い丘に素敵なたたずまいのカフェが見えてきます。


mi cafeのこれまで


 オープンから13年目を迎えました。


 オーナーの松本直子さんが、農業を専業で続けていくためにどうしたら良いか?と考え抜いた結果、自家で採れた農産物と畑からの素晴らしい眺望を活かせる、カフェ経営にたどり着きました。しかし、構想が具体化してから許可が下りるまで4年かかりました。その時が一番大変だったと振り返る松本さん。お世話になった方々に恩返しするためにも頑張らなければ、とやってきて、「開店してからは、おかげ様だなーと感謝の気持ちだけです」と語ります。


自家産りんごと鮮やかなブルーベリー畑


左からスタッフの松尾さん、松本直子さん、沙織さん


 現在は女性に限らず、カップル、家族連れ、男性コンビ等々、幅広い客層年齢層のお客様が来店します。SNSや口コミで情報が広がり、関東や関西など県外から足を運んでくださる方もおり、時には店内でプロポーズ!というシーンに一肌脱ぐこともあるとか。


ゆったりと時間が流れる店内


優しさあふれる手書きメニュー


おすすめメニュー


 お店が提供するメニューには、目の前に広がる自家の畑からのりんごとブルーベリー等を使用しています。


 一番のおすすめは、店内で焼き上げた『3種のりんごパイ』。複数品種を使用し、厚みのある味を出しています。時期によって微妙に風味が違うのもお楽しみです。丸々1個分の紅玉が乗った『りんごのトースト』や、きれいな赤に染まった『りんごのコンポート』もおすすめです。調理法によって、品種の向き不向きがあるため、何度も研究を重ねて商品化したものばかりです。りんごジュースで淹れた『りんご屋さんのアップルティー』も、mi cafeオリジナルメニューです。


おすすめメニューの「3種のりんごパイ」(左)と「りんごのトースト」「りんごのコンポート」(右)


今後の展開予告


 2020年春には新たに菓子工房を整備する予定です。新工房では、長男のお嫁さんでパティシエでもある沙織さんが存分に腕を振るってお菓子を作る予定で、人気メニューの品切れが解消されるだけでなくテイクアウトもできるようになります。


地域の力あってのコンサート


 カフェの前に広がる松本りんご園の園地では、1999年から「りんご畑 de コンサート」が隔年開催されています。5月、白い花が咲くりんごの樹の下で、グランドピアノや弦楽器が奏でる音色が心地良く響き渡り、来場者が1,000人にもなる大好評のイベントです。


「りんご畑 de コンサート」の様子(写真提供 mi cafe)


 準備から当日の運営にいたるまでボランティアの実行委員によって開催されていますが、地域の方々からの協力の輪が徐々に広がってきたものです。近隣農家さんだけでなく、りんご産地に住み、仕事を持つ地域の方々から賛同が得られることは、ここでカフェの経営を継続していくうえでも、大きな励みにつながっています。


 次回、2020年はいよいよ第10回。5月10日(日)に開催されますので、皆さんもぜひ足をお運びください!


 ※コンサートに関する詳細は、今後、専用HPでお伝えします。

【店主からのコメント】「“mi”には、実、見、味、美、魅、未…色々詰まっています。カフェ近隣のよく手入れされた畑も眺めつつ、ここだけの味と時間を楽しんでください!」


 

【店舗情報】


店主:松本直子氏

住所:〒020-0402 盛岡市黒川4-3


Tel&Fax:019-696-2531


営業時間:11:00~17:00頃まで(定休日:水曜、第2土曜、第2日曜(冬期休業12月末~2月初旬))※時間・定休日等は農作業の都合等で変更あり

駐車場:普通車5台(マイクロバス以上は不可)


主なメニュー:3種のりんごパイ、工房miyukiのアップルパイ、りんごジュースの飲み比べ(三実味(みみみ))、ブルーベリーのスムージー


ホームページURL:https://micafe.jp/


*休業日等、詳細はHPで確認してください。


             (文:盛岡農業改良普及センター 藤原 千穂)


             (撮影:坂本 廣美、盛岡農業改良普及センター)

 

※印刷用PDFはこちら(micafe_PDF