盛岡農業改良普及センターでは、経営や技術等を学ぶ機会や交流によって、女性農業者の能力向上に結び付けてもらおうと、『盛岡地域農業女子ジャンプアップ講座』を開講しました。講座は当所管内の若手女性農業者とその家族が対象で、事例研修、農業機械整備実習、農業基礎座学等を組み合わせた内容となっています。

講座第1回(8月26日)は「事例研修 野菜編」として、雫石町の髙橋瑠奈さん、松ノ木奈々子さんを訪問。第2回(9月1日)は「事例研修 果樹編」として、紫波町の工藤姫子さん、盛岡市の北田晴男さんを訪問し、それぞれの農業経営の紹介を受けた後、圃場等を見学しました。

参加者は、普段なかなか見ることがない他者の生産現場を興味深く見学し、積極的に質問していました。地域との関わりや新たな品目・販売方法へ挑戦するための、経営者の視点、常に前向きな考え方、働き方等、先輩農業者らから学ぶことが多かったようです。

今後も普及センターでは、意欲ある女性農業者を応援していきます。


大規模ねぎ圃場で生産管理の説明を受ける参加者



先輩農業者のワークライフバランスの考え方を真剣に聞く参加者


文:盛岡農業改良普及普及センター