「松っちゃん市場」は、八幡平市松尾地区にある産直です。東北自動車道の松尾八幡平インターチェンジから、松尾八幡平方面へ自動車で5分ほど。木造の特徴あるドーム型の屋根が目印です。

 

【開業23年目の老舗産直】


ソーシャルディスタンスを確保しながら営業中です!


 

「松っちゃん市場」は、平成8年に女性だけで構成する松っちゃん市場販売組合が運営する産直として開業しました。県内でもまだ産直が少ない時代のさきがけとなった老舗産直です。組合の活動は高い評価を受け、平成15年には全国農山漁村女性チャレンジ活動表彰で、優秀賞を受賞しています。

現在は男性の組合員も増えましたが、運営を全て自分達で行っているところは変わりません。

 

【松っちゃんのオススメ農産物】


店内には沢山の農産物が並びます。


 

産直の主力は、やはり新鮮な野菜です。春はほうれんそう、小松菜から始まり、夏にはトマトやピーマンと定番の夏野菜が続きます。今年の6月からは、近くの(株)八幡平スマートファームが温泉の熱水を利用して栽培する「温泉バジル」も並ぶようになりました。

また、山から採ってきた、わらび、たらの芽はもちろん、八幡平山菜栽培研究会の会員が栽培した、ふきのとう「マイルドばっけ」やうるい、行者菜、今話題のにんにく「八幡平バイオレット」など、八幡平市ならではの特産品も並びます。

秋以降のオススメは、りんごなどの果物です。りんごは贈答品として、9月以降たくさん並びます。品種ごとのりんごジュースも好評です。

 

【農家レストランの人気メニュー】

産直内にある農家レストランでは、「ほろほろ鳥そば」が人気です。開業当初から続く、上品な味わいの出汁がきいた逸品です。また、冬季限定ですが、会員の手打ちそばも食べられます。

そしてこの夏、新たなパスタメニューとして、ナポリタンとジェノベーゼが仲間入りしました!新鮮な「温泉バジル」をふんだんに使い、バジル好きには持ってこいのパスタとなっています。


上:ナポリタンにはフレッシュバジルがふんだんに使われています。


下:温泉バジル


【加工品の開発にも挑戦】

松っちゃん市場では、ここでしか買えないものを提供したいと、加工品の開発にも積極的です。農家レストランの人気メニュー「ほろほろ鳥そば」にも使われている「ほろほろ鳥スープ」は、お客様からの要望で商品化し、今では人気商品のひとつです。

平成30年5月には、「マイルドばっけ」を使用した、「ばっけせんべい」がデビューしました。「地域の特産品を使い、お客様が手軽に食べられてお土産にもできる商品を提供したい」という思いから生まれたこの商品は、地元の羽沢製菓に協力いただき、 3年かけて完成しました。クッキー状の生地には、粉末のばっけが練り込んであり、独特のほろ苦さと香りが春を感じさせるおせんべいに仕上がりました。

「ここにしかないもの」を作っていきたいと、次の商品開発にも意欲的!今度はどんな八幡平の名物が生まれるか楽しみにしています。

 


組合長イチ押しの「ばっけせんべい」。クッキー状の生地とばっけの相性はバツグン。ぜひご賞味ください!


 




組合員の手作り加工品も!筆者のオススメは「クリーム大福」(下段)。柔らかい生地に、あんことホイップクリームがぎっしり詰まっています。


 

組合の活動は、このほかにも県外の中学校の農業体験学習の受け入れなど多岐に渡ります。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もありますが、時代に合わせた新たな挑戦をしながら前向きに進んでいます。

これからは行楽シーズン。感染症対策を万全にして営業しておりますので、八幡平の紅葉を眺めた帰りには、「松っちゃん市場」にしかないものを見つけに、ぜひお立ち寄りください。


組合長の古川美枝子さん(左)と副組合長の高橋洋子さん(右)


 

松ちゃん市場

・会員数 30名

・住所  岩手県八幡平市松尾寄木2-512-1

・電話/FAX  0195-78-3002

・営業時間 5~10月:9:00~17:00  11~4月:9:00~16:30

・定休日  12/31~1/2

・主な商品 野菜、山菜、雑穀、花、果物、加工品、工芸品など

 

(文:八幡平農業改良普及センター 八重樫 恵子)

(写真:八幡平農業改良普及センター撮影)

 

※印刷用はこちら(アグリネット9月号 松ちゃん市場