8月8日、農業大学校生と花北地域の農業関係者との懇談会を開催しました。今年度は農産経営科5名、花き経営科3名が参加し、北上市の水稲中心の経営の法人、花巻市の鉢花経営の法人を視察、その後、4Hクラブや市、JAとの情報交換を行いました。

水稲経営の法人では、生産や販売の工夫の説明の後に、「今後作業受託が増えて来そうでもあり、学生が就農するころには経営のチャンスは大きくなる」との激励をもらいました。

花き経営の法人では。花の売れ筋が変わることや、品質が良いのは当たり前で納期を守ることが重要であることを教わりました。

                    (写真)鉢花経営の見学

情報交換では、4Hクラブはどんな活動をしているか、就農するときに決めた品目の理由は何か、地域で一番良い農産物は何か等、学生から活発な質問が出され、地域の先輩と和やかに話しました。

                   (写真)地区毎で情報を交換

この研修で、花巻、北上、西和賀の農業への興味が高まり、将来は農業の担い手となることが期待されます。