令和元年11月8日(金)に、北上市農業農村指導士会の活動として市内和食レストランでバイキングを開催しました。

今年で2年目のこの企画は、北上市内で指導士が生産した農産物の魅力を消費者のみなさんに直接お知らせしたいとの主旨で開催しました。今年は多くの市民に参加して頂くため、開催同日にランチとディナーを開催しました。

ディナータイムでは家族や夫婦での参加者が多くみられ、ランチ76名、ディナー67名と大盛況となりました。

写真 家族での参加者写真 ディナータイムは家族でも参加


 長ねぎ、二子さといも、銀河のしずく、りんご等の新鮮な北上農産物を使用した彩り豊かな15種類の料理を味覚と視覚で堪能していただきました。

盛り付けた料理の写真写真 迷い箸となりそうな料理の品数


 参加客のアンケートでは、きたかみ牛のローストビーフ、新米の銀河のしずく、プリ海老椎茸、いもの子汁、リンゴのタルト等が好評でした。

来年も開催を期待する意見や、メニュー食材の販売要請も寄せられました。普及センターは今後も指導士会の活動への支援を行っていきます。

文:中部農業改良普及センター