花北地区では営農1~2年目の農家を対象に、新規就農者の計画目標達成するため、ベテラン農家と連携した技術習得指導を今年から実施しています。

6月18日(木)晴天の下、今年から施設ピーマンの栽培を始めた髙橋彬光さんとベテラン農家の晴山文佳さんが、お互いの経営内容等を知って頂くため、晴山さん所有のピーマンハウスで顔合わせを行いました。

当日は、彬光さんのパートさん達も一緒に参加し、晴山さんから管理作業の手順や作業時期等の助言を直接受けました。その中で彬光さんは、整枝作業や収穫作業のポイント等を積極的に質問していました。

この事業では、花北管内の露地ピーマンを栽培している営農初年目の農家3名(北上市1名、花巻市2名)についても、ベテラン農家による栽培技術指導を実施する予定です。

これからも新規就農者が管理技術を速やかに習得できるよう関係機関が一体となり、支援指導を行っていきます。



熱心に管理技術を説く晴山さん



手帳持参の彬光さん(前列中央)


文:中部農業改良普及センター