「金色の風」栽培生産者を対象としたGAP現地研修会が6月13日に奥州市江刺で開催されました。

室内研修では、まずJA全中JAグループGAP支援チームの髙橋昭博氏より「GAPをする意味(組織・産地で取組む意味)」と題して、GAP導入のねらい、GAPのメリット、GAPの取組み事例などについて説明を受けました。続いて、JAいわて平泉金色の風栽培研究会会長の小野正一氏より「JAいわて平泉のブランド米「金色の風」栽培研究会による『ASIAGAP団体認証』の認証と農作業安全対策の取組み」と題して、ASIAGAP団体認証の取組支援体制、取組みの様子、団体で取り組んだ成果及び農作業安全のための工夫等について説明を受けました。

その後、場所を移し、岩手県版GAPに取組んでいる伊藤浩紀氏宅での取組みの様子や工夫した点など、取組みの現状を熱心に学びました。

普及センターでは、今後も生産者のGAPの取組みを強力に支援していきます。



 

 

 

 

JA全中JAグループGAP支援チームの高橋昭博氏による室内研修の様子



 

 

 

 

 

岩手県版GAPに取組んでいる伊藤浩紀氏宅での現地研修の様子(奥州市江刺)