胆江地方農林業振興協議会では、「新規就農希望者等農業体験会」を9月4日、7日、11日に開催しました。

この体験会は、新規就農希望者や新品目の導入希望者を対象に、実際の作業を通じて農業の実態を学ぶことを目的として毎年開催しています。

今回は、延べ6名の参加があり、ピーマン、トマト、きゅうりを栽培している3経営体にて作業体験を行いました。

当日は、講師から経営概要や作業内容を説明して頂いた後、参加者が実際の収穫作業や調製作業、摘葉や誘引といった管理作業を体験しました。作業を行いながらも、参加者からは、かん水や仕立て方などの栽培方法や、病害虫の防除などについて様々な質問が出され、講師の丁寧な説明は非常に参考になった様子でした。

普及センターでは、関係機関と連携しながら、就農前から就農後まで切れ目なく新規就農をサポートしています。農業に興味がある方や就農を考えている方がいましたら、是非御紹介ください。

 

▲講師(左)のアドバイスに耳を傾ける参加者▲ ▲実際の作業を通じて、就農をイメージできた様子でした▲