JAいわて平泉りんご部会では、6月3日に「担い手・女性スキルアップ研修会」を開催し、管内3会場合わせて38名が参加しました。この研修会は、担い手や女性を対象とし、高品質大玉生産に向けたスキルアップを目指したものです。

部会長の小岩克宏さんを講師に、各品種の摘果の順番や残す果実の優先順位など実演を交えながら様々な摘果作業のポイントを説明いただきました。

参加者からは、「そんなに落とすの!?」「同じ大きさの中心果と側果どちらを残せばいいの?」などの声が聞かれ、普段聞けない疑問を解消する良い機会となったようです。

今後も高品質なりんご生産に向けて、普及センターでは、担い手や女性生産者の交流、技術向上のための活動などを支援していきます。



               研修会の様子