1月24日、JAいわて花巻の主催により「いわてっこ」生産・集荷拡大推進研修会を開催しました。
遠野市、JAいわて花巻と津田物産は昨年4月に「いわてっこ」産地協定を結び安定供給に取組んでいます。しかし、現在の生産量は需要に追いついていない現状です。
研修には水稲生産部会員や担い手農家など約100名が参加しました。最初に普及サブセンターが平成30年度に取組んだ「いわてっこ」収量向上実証圃の結果を紹介しました。
また、産地協定を結ぶ米卸津田物産の奥本専務から講演いただきました。講演では遠野米の評価が高い事が紹介されました。そして「遠野地域の「いわてっこ」をまだまだ必要としているので、農家の皆さんにはもっと作ってほしい」という販売・消費側の声が届けられました。
参加者からは「いわてっこ」の栽培を検討する声も聞かれ、普及センターは引き続き生産拡大を支援しています。

 いわてっこの栽培実証結果を紹介。


津田物産 奥本専務より遠野産いわてっこ を望む消費地の声を紹介。