さらなる高品質の生乳生産を目指す葛巻町で、3月5日(火)に生産者や関係者25名の参加のもと、盛岡広域振興局主催の生乳生産研修会が開催されました。

研修会では、北海道標茶町HACCPチームの一員であり、農場HACCP認証審査員の資格を持つオリオン機械(株)の安田元氏を講師に迎え、「北海道標茶町における地域を挙げた乳質改善の取り組みと考察」と題してご講演をいただきました。講演では、町全体で乳質改善に取り組むことになった経緯や、農場HACCP方式を取り入れた乳質管理方法をどのように地域全体へ普及していったのか等詳細にご説明いただきました。参加者からは、「標茶町で使用しているHACCPチェックシートを自分たちの農場でも活用してみたい」などの声がありました。

普及センターでは、引き続き関係機関と協力し、農場HACCPを参考とした高品質乳生産へ向けて支援を継続していきます。


研修会の様子



生産者も積極的に質問していました