去る2月20日、JA新いわて宮古地域野菜生産部会ブロッコリー専門部では、GAP団体認証の取得に係る説明会を開催しました。

当日は、GAP認証取得に前向きな生産者が参加し、作業場の整理整頓の仕方やJGAPとグローバルGAPの違い等について、JA新いわて営農経済部のGAP担当者から説明を受けました。

普及センターからは、農薬保管庫の整理方法などをアドバイスしました。

その後、参加した生産者による活発な話合いが行われ、11経営体で「JA新いわて宮古地域ブロッコリー生産グループ」を組織して、グローバルGAP団体認証の取得に取組むこととなりました。

説明会の締めとして、組織の代表者となった宮古地域野菜生産部会長から、「グローバルGAPに向けてレッツゴー」との元気な挨拶がありました。

普及センターでは、今後も関係機関と連携しながら、グローバルGAP認証の取得に向けて支援していきます。

 

 

GAP認証に向けた説明会の様子


若手生産者主体の生産グループ構成員