当普及センターは、胆江地方農林業振興協議会と共催により、7月23日(火)に奥州市江刺田原において、「胆江地方集落営農塾(スマート農業編)」を開催しました。

この研修会は、集落型農業法人において、農業労働力の減少や担い手の高齢化を背景に課題となっている、畦畔管理作業の省力化・軽労化の取組を促進するために開催したものです。

研修会では、農機具メーカーなどの協力により、市販若しくは市販予定の最新のラジコン(リモコン)草刈機の実演展示を行いました。

当日は、集落型農業法人など25組織から70名を超える参加者があり、「きつい・危険」な作業の省力化・軽労化への関心の高さが窺えました。

管内では、大規模な集落型の農業法人が増加しており、作業の省力化や軽労化に対するニーズは今後も高まっていくことが予想されるため、引き続きスマート農業を推進していく予定です。