8月26~27日にかけて、岩手県農業農村指導士協会県北ブロックでは、「軽米町の先進的農業経営の研修」と題し、現地研修会を開催しました。

26日は、軽米町の農業農村指導士3氏の特徴的な経営を視察しました。

下谷地敦雄氏の特徴は、パイプハウスを使った、ほうれんそうの周年栽培です。改良型調製機の導入や水源の確保により、規模を拡大し、現在は、夏場の暑さ対策にも取り組んでいます。

中里照夫氏は、ホップの専業経営で、県北ホップ農協の組合長を務めています。最盛期を迎えた収穫作業と処理加工センターでの受入状況などを見学しました。

上山誠氏は、根菜類を中心とした野菜経営で、近くに仲間がいなかったことから、ほとんど独学で栽培法を習得し、販路も開拓してきたとのことでした。

27日は、二戸市金田一にあるおぼない旅館の女将(大建ももこ氏)に旅館経営と地域農業との関わりについて、お話していただきました。

ホップ収穫の様子



おぼない旅館での研修