胆江地方農林業振興協議会は12月11日、「農業青年と先進農家の意見交換会」を開催しました。

この催しは農業青年と先進農家とのつながりの場を提供するとともに、地区や作目を超えた青年相互の交流促進を図ることを目的としており、農業青年、岩手県農業農村指導士など35名が参加しました。

今回は「雇用管理・労務管理」をテーマとし、岩手県農業農村指導士2名と管内の2農協から労働力確保の取り組みについて紹介いただきました。外国人技能実習生や農業大学校生の受入れなど、普段聞けない先輩方の取組を聞き、勉強になった様子でした。

その後、トークタイムで3班に分かれ、農業青年が抱える雇用や経営の課題に対し、先進農家が良い聞き役となり、活発な意見交換が行われました。

地区・作目が異なる青年同士の交流や先進農家との意見交換を通じ、自分の農業経営に繋がるヒントを得られたようです。

自らの経験を語る先輩農家


活発な意見交換が行われました