八幡平市の「Florist(フローリスト) Farmer’s(ファーマーズ) 花(はな)っ娘(こ)」は、安代りんどうを活用した加工品の開発・販売等を目指して活動しているグループです。

10月29日、八幡平市農民研修センターにて、これまでに作成した加工品や活動状況を紹介する商品展示会を開催しました。

メインの商品は、キャンドルとハーバリウムで、どちらも、自分たちで栽培したりんどうなどの花を、ドライフラワーにし、手作りしたものです。いつでも身近に感じられる「花」として楽しんで欲しいとの思いが込められています。

商品開発は自分たちで花の見せ方などを試行錯誤して行い、ドライフラワーやキャンドル作りの基本技術は専門家に学びながら価値を高めてきました。今後、本格的に販路の開拓を進めて行きます。

さらに、花の魅力をたくさんの人に伝えていくため、ワークショップなども手掛けていきたいと意気込んでいます。

 




すべて手作りのキャンドルとハーバリウム