宮古農業改良普及センターでは、宮古地方産直連絡会及び宮古地方農業振興協議会との共催により、食品表示基準に基づく表示について理解を深めることを目的とした研修会を6月27日に開催しました。

当日は、宮古保健福祉環境センターの職員2名を講師として迎え、管内起業者等が食品表示を適切に行うための一助となるよう指導をいただきました。

第1部では食品表示の基本として、農産物等を中心とした生鮮食品や加工食品の表示に関する概要を説明いただきました。また、第2部では減塩をキーワードとした加工食品の栄養成分表示について紹介いただきました。

研修会には起業活動実践者や産直出荷者、関係機関等39名が参加しました。参加者からは、「説明が分かりやすかった」との声が多数あり、好評のうちに終了しました。

普及センターでは、今後も各種制度改正への対応に向けた研修会を開催していく予定です。

 

食品表示の概要を判りやすく説明


熱心に聞く参加者の皆さん