「宮古地方食の匠の会(以下、匠の会)」は、食の匠の認定料理やその技の伝承、発信を図るために組織された会です。普段は一般消費者を対象に年2回の公開講座の開催や、依頼を受けて料理教室等の対応をしています。

今回は、会員同士の相互研鑽を図るため、8月26日に「技術研鑽研修会」を開催し、10名の会員が参加しました。

当日は「うにのやまぶき煮」で平成26年に認定を受けた「匠の会」会員の盛合敏子さんが講師を務めました。

盛合さんからは、宮古市重茂地域の漁業や海産物をはじめ、重茂地域の暮らし、漁協女性部の活動についてお話いただきました。講話終了後には、盛合さんに案内いただき、近隣施設の展望室から、重茂地域や海を見渡しました。

参加者からは海産物や重茂地域に関する質問があり、地域食材に関する知識が深められた様子でした。また、盛合さんの体験エピソードに、多くの参加者から共感の声がある等、積極的な意見交換ができました。

普及センターでは、郷土料理の伝承、発信の一助となるよう、今後も「匠の会」の活動を支援していきます。

 

研修会の様子


 

展望室から重茂地域や海を眺めている様子


 

(文:宮古農業改良普及センター)