宮古農業改良普及センターでは、9月30日に宮古地方産直連絡会と宮古地方農業振興協議会と共催で「衛生管理研修会~菓子製造編~」を開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、参加者の人数は会場の定員数の半数にし、午前と午後に1回ずつ研修を行いました。

当日は宮古保健所の職員を講師に招き、菓子類を製造する際のHACCPに沿った衛生管理について指導いただきました。

始めに食品衛生法の改正内容とHACCPに沿った衛生管理について説明いただき、その後、菓子製造業の手引書を使用して、実際に衛生管理計画を作成しました。衛生管理計画を作成する際、講師が参加者の質問を受け、逐一解説しながら進めていただきました。

研修会には、起業活動実践者や産直出荷者等27名(午前18名、午後9名)が参加しました。参加者からは「質問にすぐ対応して頂き、よく理解できた」等、好評の声が多数寄せられました。

普及センターでは、今後も各種制度改正への対応に向けた研修会を開催していく予定です。

食品衛生法の改正内容等について説明を受けている様子


衛生管理計画を作成している様子


 

(文:宮古農業改良普及センター)