紫波町の中でも特に果樹地帯と呼ばれる赤沢地区で、出荷できない規格外のフルーツを利用したフルーツハーブティーを作りたいと考え、活動を始めました。幸せ創る女性農林漁業者育成事業を活用して2年目になります。

今年度は新たに、玄米や紫波町産小麦を使ったフルーツグラノーラの商品開発にも取り組みたいと思っています。楽しい気の合う仲間と地元特産を活かした商品開発に挑戦しています。

(文:Wild Moms)


▼ 先進地事例調査


 フォレスト・キッチン(久慈市)を訪問








 

▼ フルーツグラノーラに使う玄米の加工




 

▼ 今年度増やしたペパーミント畑