当センターでは10月10日に岩泉町内で「畑わさび圃場見学会」を開催しました。この見学会は畑わさびの新規栽培者確保を図ることを目的とし、岩泉町等の関係機関と毎年開催しているものです。

当日は、一般参加者7名を含む23名が参加し、最初に、高い栽培技術を持つ生産者2名の圃場を見学し、圃場環境整備や育苗等の栽培技術について理解を深めました。

続いて、圃場近くの公民館で意見交換会を行い、聞き逃した事項を確認できる機会を今年は新たに設けました。この意見交換では、「大株に育てるコツ」等の栽培技術や、「栽培上の苦労」や「雇用を確保するための工夫」等、参加者が知りたかった話題が多数出されたほか、参加した関係機関・団体からも今後のわさび栽培に関する提案がされ、活発な意見交換会となりました。

参加者からは「もっと話したい」という声もあり、今後も普及センターでは新規栽培希望者への情報提供等の場となる圃場見学会を開催していきます。

 


県品評会の最優秀賞受賞者の圃場を見学


 


活発な意見交換会


 

(文:宮古農業改良普及センター岩泉普及サブセンター)