胆江地方農村青年クラブは、4月3日に第21回定期総会を開催しました。

平成30年度のクラブ活動としては、11月に胆江地域で開催された岩手県農村青年クラブ大会の企画・運営に携わり、協力して大会を成功に収めたことや、岩手県農業法人協会主催の経営戦略セミナーに参加し、先進的な経営と人材の確保・育成について学びを深めるなど、個々の成長だけでなくクラブ員同士が団結を深めた一年となったことを確認しました。

本年度は、他地域のクラブや異業種との交流会、クラブ員の経営者としてのスキル向上を目的とした研修会の開催を計画しています。

また、会長からは、クラブ員の女性が所属する研究グループが、本年度の東北農村青年会議で県代表としてプロジェクト発表をすることから、みんなで応援してほしいとの呼びかけもあるなど、胆江地域以外でのクラブ員のさらなる活躍も期待されます。

普及センターでは、今後も青年クラブの活動支援を通じ、青年農業者の経営力向上と仲間づくりを進めていきます。



 

 

 

 

 

スムーズな進行を心掛けました。



 

 

 

 

 

昨年度末に新たなメンバーを加え、クラブ員は15名に!